症例検討会(上肢疾患の手術後に対しての治療アプローチについて)

症例検討会を行いました。

今回は「上肢疾患の手術後に対しての治療アプローチについて」をテーマに、4症例の検討をしました。

上腕骨大結節骨折、肩腱板断裂、鎖骨骨折、橈骨遠位端骨折の手術後の経過や理学療法アプローチなどを代表者が発表しました。

大瀬院長によるレントゲン画像でのチェックポイントの解説や手術方法の説明、リハビリテーションを行う上でのアドバイスなども交えながら、医者、理学療法士、鍼灸師、看護師で意見交換しながら検討会を行いました。

患者様によりよいサービスを提供できるように、スタッフ一同 今後も努力していきます。
IMG_2762.JPG

この記事へのコメント