リハビリテーション科 定期勉強会 (テニス)

理学療法士 矢作です。

11月の定期勉強会はテニスについて行いました。
錦織選手の活躍で注目されてきたテニスですが以外とルールや競技特性は知られていません。
そこで、テニス経験者の自分が簡単に講義を行ないました。

1週目はルール説明やテニスをする際に用いる道具の特徴などを実物を手にしながら違いを感じてもらう形で行いました。
画像

2週目は基本的な動作(フォアハンド・バックハンド・サーブ・ボレー)を。
画像

3週目は基本動作を元にして怪我をしている、もしくは予備群の方にはどんな特徴があるのかを実際に罹患されている方の動画を紹介しながら説明しました。
[疾患]
テニス肘
股関節唇損傷
ジャンパー膝
TFCC損傷

テニスはレクリエーションレベルでやられる方や大会などに出て上を目指すような競技レベルで行っている方まで幅広く、どのレベルにおいても体のケアは大切です。
それを怠っていれば身体の故障につながる可能性が高くなってしまいます。
なので、日頃からストレッチやクールダウンなどのケアを心がけて行うことが怪我を予防する第一歩です。