SSO通信

アクセスカウンタ

zoom RSS リハビリテーション科 定期勉強会 (剣道)

<<   作成日時 : 2017/04/26 13:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

理学療法士 遠藤です。

3月の定期勉強会は剣道について行いました。

1週目に剣道の基本ルールについて行いました。
当院は剣道経験者が少ないため、競技特性の理解を深める勉強会からスタートしました。

2週目と3週目に剣道に多い傷害について行いました。
剣道に多い傷害はアキレス腱断裂、腰痛と言われています。アキレス腱断裂は主に反復練習による疲労蓄積で断裂する可能性が高まります。腰痛は打突の際の姿勢や構えの姿勢が影響し、分離症や筋性といった痛みが生じます。私達、理学療法士は傷害をしない身体作りのためにも、姿勢観察や動作観察、ストレッチといったことを理解しなければ指導は行えないと考えます。
画像


4週目は、実際に竹刀も使いながら基本動作を行いました。
患者様に動作指導する際には、治療者自身が動作を理解した上で、やらなければいけないと考えています。また、患者様と同じ目線に立ってリハビリを提供したいと思っています。動作の特徴を理解し、分析することで少しでも多くの情報、治療を患者様に提供し、お互いに(治療者、患者様)成長していけたら嬉しく思います。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

リハビリテーション科 定期勉強会 (剣道) SSO通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる