SSO通信

アクセスカウンタ

zoom RSS リハビリテーション科定期勉強会 (フットサル、指導法)

<<   作成日時 : 2017/03/01 14:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

鍼灸師 田中です。

今月はフットサルと、ボトムアップ理論について院内勉強会を行ないました。
ボトムアップとは、団体競技のチームで1人1人の意見を尊重しながらチーム力を高めていくという方針です。

中学、高校の部活は監督が絶対的な存在であり、なかなか意見を言えないことも多かったと思います。しかし最近では、選手1人1人に役割を与え選手の自立性、協調性を高めるという考え方(ボトムアップ理論)を用いて、指導を行なう監督なども多くなってきたようです。


フットサル競技はルール、関係する疾患について勉強会をしました。
フットサルはチームでパスを繋ぎ、相手のゴールラインを超えるスポーツです。1人でも目指す方向が違ったり、チームメイト同士の考えが異なればゴールは遠くなるばかりです。

自立性や協調性は社会人になってもとても大事で、団体で活動する上で必要不可欠なことだと思います。
今月の定期勉強会を通して、部活、会社、環境は違えどチームワークが大事だと改めて実感することができました

当院スタッフも自立性や協調性を持って一丸となり、患者さんによりよいものを提供できるように努力していきます。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

リハビリテーション科定期勉強会 (フットサル、指導法) SSO通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる